2009年01月27日

アフィリエイトには宝の山が眠っています。

先着200名だけに無料配布されています。

アフィリエイトで稼ぐ方法


物販アフィリエイトは市場規模からいっても
今後避けては通れないネットビジネスです。

企業がネット広告にかける費用は
ついに1000億を突破し、増加するばかりです。

それもアフィリエイトという制度のおかげです。

商品が売れない限り費用を払わない(1部の広告は別)ので企業にとってもリスクが少ない。

アマゾンは本当にいい仕組みを考えたものです。

アドセンスや情報商材のアフィリエイトも、もちろんまだまだ可能性はあります。

しかし、今後多数の人間が参入する事を考えると、一番巨額の費用が投下されるであろうアフィリエイト市場に参入しておかない手はありません。

ただし、ただ物販アフィリエイトに挑戦しても、ほとんどの場合は玉砕です><

企業が何人もの従業員を使って行うアフィリエイトには到底個人がかなうわけはありません。

某ポータルサイトではアドセンスだけでも月に1000万以上を稼いでいます。

さらに特別な公開されていないアフィリエイトをサイトで行う事で多額の収入を得ています。

インフォなんとかが扱っている金額とは桁がいくつも違っているんです。

そんな所に真っ向勝負してもダメ

ポータルサイトのようなものを個人が作ろうとしても時間ばかりがかかって、結果を出す前に諦めてしまうでしょう。

個人が作るなら、ニッチサイトからです。

売れそうな商品を見つけて、その商品の専門サイトを作る。

これを量産していくのが一番早く結果が出せます。

アクセスを集めるならブログが一番簡単です。

Pingやブログランキングからアクセスを集める事ができますから。

アフィリエイトで稼ぐ方法
posted by りょう at 19:40| Comment(56) | TrackBack(0) | アフィリエイトで稼ぐ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

源泉徴収票と確定申告

源泉徴収票を受け取ったら、税金をいくら支払っているか確認しましょう。
源泉徴収される段階では、基礎控除と給与所得控除しか考慮されていませんが、それ以外にも国民年金や国民健康保険の掛け金、個人で加入している生命保険や医療保険など、税金算出時に控除の対象となるお金が色々とあるため還付金がもらえる場合があります。

例えばフリーターの人なら、国民年金や国民健康保険を自費で支払っている人もいるかと思います。国民年金は年間約17万円(月額13,860円:2006年度数値)、健康保険は年間12万円程度(前年の年収や自治体によって異なる)を支払うので、これだけでも約30万円の控除対象になります。

例えば、バイトで月10万円=年間120万円稼いでいたとすると、合計で1万5千円程度の源泉徴収をされているはずです。しかし、フリーターで国民年金と国民健康保険を自費で支払っている人は、確定申告をすればこの二つを控除に含めれますので、年間控除額の合計が約130万円となり、『年収が控除内で収まる=税金を払う必要が無い』ということになります。そして確定申告で、源泉徴収されている約1万5千円が戻ってくるのです。

インターネットビジネスを始めるにあたってかかる費用もキチンと申告すれば経費と認められ、控除対象になります。

確定申告には、青色申告と白色申告があり、個人事業主の人などは通常、控除額が多い青色申告を行います。
本格的にインターネットビジネスを展開するのであれば青色申告で個人事業主登録をしましょう。

青色申告に関する書籍

応援よろしくお願いします。 ⇒⇒⇒ 人気blogランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。