2009年01月22日

源泉徴収票と確定申告

源泉徴収票を受け取ったら、税金をいくら支払っているか確認しましょう。
源泉徴収される段階では、基礎控除と給与所得控除しか考慮されていませんが、それ以外にも国民年金や国民健康保険の掛け金、個人で加入している生命保険や医療保険など、税金算出時に控除の対象となるお金が色々とあるため還付金がもらえる場合があります。

例えばフリーターの人なら、国民年金や国民健康保険を自費で支払っている人もいるかと思います。国民年金は年間約17万円(月額13,860円:2006年度数値)、健康保険は年間12万円程度(前年の年収や自治体によって異なる)を支払うので、これだけでも約30万円の控除対象になります。

例えば、バイトで月10万円=年間120万円稼いでいたとすると、合計で1万5千円程度の源泉徴収をされているはずです。しかし、フリーターで国民年金と国民健康保険を自費で支払っている人は、確定申告をすればこの二つを控除に含めれますので、年間控除額の合計が約130万円となり、『年収が控除内で収まる=税金を払う必要が無い』ということになります。そして確定申告で、源泉徴収されている約1万5千円が戻ってくるのです。

インターネットビジネスを始めるにあたってかかる費用もキチンと申告すれば経費と認められ、控除対象になります。

確定申告には、青色申告と白色申告があり、個人事業主の人などは通常、控除額が多い青色申告を行います。
本格的にインターネットビジネスを展開するのであれば青色申告で個人事業主登録をしましょう。

青色申告に関する書籍

応援よろしくお願いします。 ⇒⇒⇒ 人気blogランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。